「 体質改善 」一覧

アトピーが治らない!その原因とは、、?

アトピーがなかなか治らない

アトピーを治すために色々な薬を試してみてもまったく効果が感じられない!

食事制限をしてみたけれど、なかなか効果が出ずに、結局元の生活に戻ってしまった。。

そんな悩みをお持ちの方、たくさんいらっしゃるかと思います。

そもそも、アトピーが出てしまう原因はなににあるのでしょうか・・?

その原因を突きつめない限り、アトピーは改善することはないのです。

そんな方々のために、このサイトでは子供のアトピーを治すためのおすすめな方法を紹介していきます!

 

子供のアトピー性皮膚炎の原因とは

まずはアトピーが発生してしまう原因について説明いたします。

単刀直入にいいますと、アトピーは「個人の体質」によって起こっている症状になります。

 

子供のアトピー性皮膚炎とは、皮膚のかゆみと乾燥がともなう湿疹があらわれる皮膚の病気で、特に子供の頃は症状がよくなったりわるくなったりを繰り返し、なかなか改善するのに時間がかかる傾向があります。

 

早い時期だと生後2〜3ヶ月ころには症状があらわれることがあります。とくに乳幼児のアトピー性皮膚炎は、乳児湿疹とたいへんよく似ており、見分けがつきにくいことがあります。

 

「アトピー体質」という言葉を聞かれたことがあるかもしれませんが、アトピー体質は、ハウスダストや、食べ物など、アレルギー物質に体が反応し、アレルギーを起こしやすい体質の人のことを指します。

 

主なアトピーの原因は以下、

  1. アトピーはみなさん個人の肌自体が弱く、炎症を起こしてしまっている
  2. アトピーの原因は、個人の遺伝によって発生している。
  3. アトピーは原因不明の難病であり、原因は1つに特定できない。
  4. アトピーは一生治すことはできない。

上記を読んでみて、みなさん少し驚かれたかとおもいます。

アトピーは非常に治すことの難しい難病のひとつとして挙げられているのです。

症状としては、かゆみや皮膚の腫れを伴うことはよく知られているかとおもいますが、それが生涯にわたって付き合っていかなければいけない病気であるということを、まずはご理解ください。

子供のアトピーの症状

子供がアトピーにかかると、ひどくなる前は少し赤みがかっているだけでいつまでもその赤みがひかないことがアトピー症状の前触れとして起こります。

アトピーの初期症状としては、

  1. 肌が乾燥してカサカサになる
  2. 寝る前などぐずってかゆがる
  3. 肌に赤い炎症が起き始める
  4. 皮膚にぶつぶつしたできものがでる

まず、はじめに上記の症状を見つけた段階で、すぐにアトピーだと判断できる人はなかなかいないかと思います。

また、こどもはかゆいところをとにかくかき続けてしまうため、それによって肌のバリア機能が破壊されてしまい、悪循環を招いてしまいがちです。

アトピーの慢性化を防ぐためにも、この最初の症状がで始める段階でしっかりと対処をしていくことが重要となります。



アトピーを治す方法

子供のアトピーの症状は年齢によってそれぞれ症状が異なります。

0歳〜1歳頃までには、おもに首回りや顔などに赤い湿疹が現れるます。そのほか、背中、ひじの裏側やわきのしたなど、皮膚の薄い箇所に集中してアトピー性皮膚炎が発生しやすいです。

2歳〜10歳までのアトピーは、主に手や足の関節の内側や、首、耳たぶなど、肌が乾燥した際にかいてしますことによって湿疹がひどくなる傾向がみられます。

そんな子供のアトピーを治す3つの方法についてご紹介いたします。

薬で治す

まずは、薬を直接皮膚炎が起きている箇所に皮膚炎を抑える薬を塗って、治す方法をご紹介いたします。

秋から冬にかけて乾燥の季節になります。この季節は紅葉や雪景色がきれいですが、アトピー性皮膚炎の人にとっては大敵の季節です。

 

それは、乾燥です。

乾燥してくると肌が荒れるので、またこの季節がやってきたのか・・・と気分が落ち込むこともあります。肌が乾燥したら、保湿クリームを塗ります。これが、毎年繰り替えされます。保湿クリームは1年中使いますが、その頻度は確実に秋から冬にかけてが多いです。

 

対策としては、夜にステロイド配合の塗り薬を毎日塗ることです。ステロイドは批判的な意見もありますが、皮膚科のお医者さんに適切に処方していただいたものを、正しく使えば回復が見込めます。ここでの注意点は正しい量を塗ることです。

 

ステロイドに抵抗があると、どうしても使う量を少しにしてしまいますが、適量は薬を塗った後にティッシュを当てると剥がれ落ちない程度です。初めて使うと最初は抵抗があるかもしれませんが、使ううちになれます。

 

ただし、赤ちゃんや子どもによっても変わってくると思うので、詳しくは皮膚科のお医者さんに聞いていただいた方がよいと思います。

 

アトピーは長い目で見て徐々に回復するように考えたほうが良いと思います。

薬で一時的に回復が見えても、それは文字通り一時的なので、薬の継続使用が必須になります。

 

ただし、回復がわかると、ステロイドの配合量も少なく調整してくれるので安心できます。回復が見てとれた時もかかっているお医者さんに薬の配合についても相談してみると良いと思います。

乾燥は最大の敵ですが、秋から冬にかけては乾燥は避けられないので、最大の敵:乾燥時は保湿クリームを常備したほうが良いと思います。

 

これは、ステロイド配合でなくてもよいので、処方していただくと良いと思います。また、春、夏でも乾燥したら保湿クリームをすぐに使うようにした方が良いと思います。


アトピーや敏感肌でお悩みの方専用保湿クリーム

 

体質改善で治す

アトピーを体質改善で治すためには、やはり日々の食生活から見直す必要があります。

 

アトピーの原因となる「慢性化原因タンパク質A」やお肌を刺激する「過酸化脂質」はできるかぎり摂取しないようにする必要があります。

 

それでは、慢性化原因タンパク質Aとは?

過酸化脂質とは?いったいなんなのでしょうか・・??

 

まずは過酸化脂質の代表例とも言われるのが、、

「スナック菓子」!!

てんぷら油などを使用しているスナック菓子は、長期間放置すると、空気によって酸化され、過酸化脂質になってしまいます。

 

この過酸化脂質を摂取することにより、体の老朽化を進めることになってしまい、細胞自体の代謝も悪化してしまう大変悪い物質なのです。

 

また、アトピーのかゆみの原因ともいわれているのが、現代の食事の傾向で増えてきている「植物油」が主な原因と言えるでしょう。

毎日お昼のランチで油っこいおかず、唐揚げ、コロッケ、トンカツ、天ぷらなどを、頻繁に食べていませんか?

アトピーのかゆみの元でもある植物油脂を消化しきれないほど摂取しすぎると、それが皮膚表面に噴き出はじめ、炎症を起こしてかゆみを発生させます。

つまりはその元を断つことで、かゆみは劇的に改善していきます。何よりまず、アトピーの燃料とも言われる植物油をできるだけとらない食事に生活習慣を変えていくことが重要なのです。

まずはアトピーと思われる症状がでたときには、食生活をみなおし、お菓子やあぶらっこいものをとらないように気をつけて、改善を待ってみましょう〜^^

 

そして次にご紹介するのが、その食生活改善に貢献し、実際に体質から変えて行くための「アトケアプロ」というサプリメントになります。

先程説明した過酸化脂質による体の老朽化。やはりアトピーの改善にはこういった体質的な部分や新陳代謝の改善が必須となっています。

健康増進を目的としたアトケアプロは、100%純度のプロポリス配合で、体内から新陳代謝の改善を行いアトピーが発生しにくい体質に変えていってくれます。

オーガニック認証を取得しているので、1歳の子供から飲むことができます。

一日2粒を目安とし、お水またはお湯で飲むことをおすすめします。

いまなら期間限定カンペキケアコースが初回500円でご利用できます!

 

体質からアトピーを治す「アトケアプロ」をぜひお試しください。

>>>アトケアプロ公式サイト

 

 

専門病院に通って治す

私は現在、背中のアトピーの治療のために月に2回ほど皮膚科に通っています。その他にもときどきまぶたのうらにもアトピーが発症することがあり、眼科にもお世話になることが度々あります。

そんなこんなで月に3~4回は病院に通っている計算になります。。

世の中にはアトピー専門の病院というのも存在しており、診察時には、お医者さんは炎症の起きている度合いを細かくチェックし、同じステロイドのお薬であっても、様々な分量・種類の中から最適なものを選んで処方してもらえます。

なので、やはり専門の病院に通って、お医者さんの意見をしっかりと聞くこと、効果がなければセカンドオピニオン(別の病院にいってみること)を試してみて、それぞれ自分に合った処方を見つけ出すことが大切です。

もっともやってはいけないことは、お医者さんが処方してくれたお薬自体を使わなかったり、時々塗り忘れたり、自分で治ったと思いこんで通院しなくなったりと、個人で判断してしまうことです。

より早く症状を改善させたり、処方されたステロイドの副作用のリスクを抑えるためにも、定期的にお医者さんに診せることが大切です。

 

こちらに、全国主要都市(東京都、大阪、名古屋、福岡、札幌)のアトピー専門クリニック一覧を用意しましたので、ぜひご利用ください。


アトピーとアレルギー反応の違い

よく勘違いされるのですが、アトピーとアレルギー反応の違いについてです。

 

医学的にいうとアトピーは皮膚疾患の病気であり特定物質に対する過敏な抗原抗体反応のことです。特定物質で椅子からすべての物質に過敏反応をするわけわけではありません。

あくまで特定の物質に対する過敏反応です。

 

ちょっと私自身の話しを例に挙げさせていただきます。

私の場合は通常の抗原抗体反応の一般的な数値が121から140くらいなのですが私の場合は2300といって通常の人の12倍から13倍もの数値がありました。

その原因は未だに皮膚科の医者でもなぞになんですけれどもおおよそすべての物質に対して異常に過敏反応を起こしていることがわかりました。

したがってアトピーの最大の原因は皮膚科のドクターいわくストレスしかないと言っておられました。

 

現代は、ストレス社会です。

ストレスの大きさによって自分の人生が変わってくるといっても過言ではありません。

最近、アトピー性皮膚炎の原因を心療内科にいって聞かれている患者さんが増えているとききます。

ストレスに耐えられないことはそれに立ち向かおうとすると自分で自分を苛めるいわゆる抗原抗体反応がおきることになりますからストレスの根本を治さない限りはアトピー性皮膚炎も治らないし他の病気も治らないというになります。

 

私はストレス耐性即ちストレスに耐えうる力がよわいので毎週20種類くらいの精神科のお薬を微調整してもらいながら生活をしています。

アトピーには周りの環境を整えることも重要であるということですね。

ストレス社会にお届けする!免疫のビタミンLPS

 


アトピーの特徴~現代病とも言われる理由

アトピーの特徴は 抗原抗体反応 です。
つまり今までは道路も整備されなく体内の抗体物質は花粉や埃などについて地面に落ちていました。

それが塗装もされ近代化路面になってくると花粉や埃などと体内のアレルギー抗体物質が融合するようになり花粉症やアレルギー症状が近年でてくるようになったのです。

そこでそのようなアレルギー症状を避けるためにもともとのアレルギー物質を体内に入れておき融和させるようにする方法が考えられるようになりました。これを減感作療法と呼びます。今日のところあらゆるアレルギー反応にはこの減感作療法がいちばん効果があるようです。

アレルギー物質を体内に入れて融和させる方法~アトケアプロ

では、本題のアトピーとはなぜかゆいのでしょうか…その理由は簡単です。

例えば花粉を例に取ると花粉と体内のマスト細胞というどれにでもだれにでもくっっく細胞がありそのマスト細胞に花粉がくっくとその刺激で増すと細胞からヒスタミンという物質を体外に放出します。

その後遺症として眠くなったり痒くなったりするわけです。

昔の体内物質は対応する物質が多すぎて花粉やアスハルトなどに適応している暇がありませんでした。しかし、近年道路環境の整備や生活環境の整備で抗体反応の数が大幅に減りアトピーやアレルギー花粉症などの症状がすすんできました。

その点からするとアトピー性疾患は現代病といえなくもないのです。


腸の状態とアトピーの関係

私の娘は生後からぽつぽつと乳児湿疹が出始めていて、湿疹が出てはなくなりを繰り返していました。

生後8か月頃からそれがひどくなり始めて、背中にまで湿疹が出始めました。

瞬く間に顔はもちろん腕や足、お腹、頭皮にまで全身湿疹だらけになりました。

小児科で見てもらった所、これはアトピーだねと言われステロイドを勧められました。

しかし私たち夫婦は自然派な生活をしているため、一切薬は使いたくなかったので様子を見てみますと先生に告げ、二人で娘の様子を見ながら自然治癒を促せるように治療していこうということになりました。

生後5か月ごろから離乳食を食べ始め、うちは娘にも大人と同じように玄米をあげていました。最初はおもゆから始め、粒が食べられるようになればそのまま玄米を粒のまま手づかみで食べさせていました。

それを始めたころから下痢が1週間ほど続くようになり湿疹もさらにひどい状態になりました。

娘はかゆさのイライラで睡眠も浅く、私は夜中何度も起きて授乳をし辛い日々を送っていました。私はネットでアトピーについて調べ、玄米はアトピーによくない・痒さを引き起こしてしまうという記事を見つけ、主人に相談し、玄米を一切やめるようにしました。

するといっきに湿疹の状態が変わり回復してきました。

湿疹がでていたとき、なにを塗ってもよくならなかったのに食べ物でいっきによくなったので驚きでした。

玄米で娘の消化に負担をかけてしまっていたんだと私たち夫婦は反省しました。

腸がよくなると湿疹もよくなる傾向がみられたので、もしアトピーで悩んでいる方がいたら食生活の改善をまず考えることをオススメしたいと思いました。


治療が難しいアトピー

今はもう成人した息子ですが、幼稚園の頃はアトピーが酷く、親子して泣きました。

何とか早く治したいと病院で処方されたステロイドを塗っていたのですが、ステロイドは癖になってステロイドを塗っている限りアトピーは治らないと言われて怖くなり塗るのを止めてしまいました。
さんざん苦しんだのですが、小学校に上がってからだんだんよくはなりましたが、中学に上がるころまで悩まされ続けました。

今はステロイドに対する考え方がだいぶ違って、適正に使えばリバウンドが起こらないことや、怖がって弱い外用薬を使っているとなかなか治らないと言われるようになっていますから、医師の指示に従って賢く使うことをおススメします。

そして、アトピーは何かが不足して起こることもありますから、安心できるサプリメントの利用がおススメです。サプリメントは体に効率よく吸収するように作られていますから、食べ物から摂っているより効果が早く表れます。

しかし、そのサプリメントも、子供が小学校のころは私自身がサプリメントが嫌いなので飲ませることはせず、せっせと野菜中心の食事を食べさせていましたが、それも今になって2重の後悔になっています。

そのような事情で我が子のアトピーを長引かせたと後悔しているのですが、医師からステロイドを処方されたら医師の指示を守って賢くステロイドを利用することをおススメします。

また、子供のアトピーは和食中心の食事療法と生活習慣の見直しがおススメです。

アトピーは生活習慣病と言い切っている健康・料理評論家の方もいて本も出されています。
治るのに時間がかかるアトピーですが、生活習慣、特に食生活が大事なので賢くサプリメントを利用するのもおススメです。

口コミを見ても、サプリメント利用して治したという若いママの口コミも多く、体の内側から治す必要性を感じます。

>>>アトケアプロでアトピー体質を改善


スポンサーリンク