「 予防 」一覧

アトピーの原因と予防

アトピーの原因

アトピーの原因は、皮膚のバリア機能が下がった乾燥した状態に、アレルゲン(ダニやホコリ、食べ物等)や過剰なストレス等が重なって起こります。

原因も症状も個人個人様々で、症状が悪化する原因もそれぞれ違うのが特徴です。
アトピーになりやすい要素としては、

①家族にアレルギーを持った人がいること

②免疫物質「Ig抗体」を作りやすい体質を持っていること

この2点が大きく関わってきます。
原因が1つでないことがアトピーの特徴で、体質的な要素に加えて、環境に関する要因も重ねて発症します。

環境に関しては、アレルギーを起こすアレルゲンの他にも、汗や衣類による皮膚の摩擦、乾燥や洗濯洗剤、化粧品、寝不足や過労、ストレス等本当に多くあります。
アトピーは、乳児に多く発症しますが、大きくなるにつれて治っていく傾向にありますが、大人まで続いたり、一度治って再発したりすると治りにくいそうです。

乳児で2ヶ月、幼児~は半年以上症状が続くとアトピーと診断されます。

アトピーの予防

予防には、お医者さんによる治療と家での環境作りが大切になってきます。個人差のある病気なので、100%これをすれば治るとは保証されていないのも事実です。

 

なので、何が原因で起きているのかをしっかりと医師に見てもらい診断をしてもらうことが、予防の第一歩になります。

 

繰り返し症状がでるので、治ったと安心せずに予防を意識していく事も大切です。
予防法は、食べ物に関しては、症状を起こす食べ物を食べない事です。

ハウスダストの場合は、こまめな掃除と換気です。完全にハウスダストを取り除く事はできません。

 

なのであまり気負わず、神経質になりすぎないように心がけでください。ハウスダストをため込まない事が大切です。

 

ソファもホコリがたまりやすい布製ではなく革製品にしたり、枕を綿製ではなく洗濯可能なポリエステルの粒が入ったものに変えたりするのも大変効果的だそうです。
発症してから長くにわたっての治療が必要です。

 

すぐに治そうと結果を焦らず、気長に治療をしていく事を心にとめておくことも、アトピーの原因の1つであるストレスをため込まない為には、とても大切になります。

 


アトピーかな?と思ったら〜アトピーの診断方法

もしも、子供の寝起きなどに、首や耳の付け根あたりに赤い湿疹がみられたら、アトピー性皮膚炎の可能性があります。

以下の方法で、自宅でもアトピーの可能性を診断することができますので、参考にしてみてください。

子供のアトピーの診断方法

子供のアトピーを診断する方法として、以下の3 STEPがあります(日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診察ガイドライン」参照)

STEP 1: かゆみがあるか?

STEP 2: 左右両方に湿疹がでているか?

STEP 3: 乳児期において2ヶ月以上、それ以外の期間では6ヶ月以上湿疹が続いている

しかし、特に乳児期において、アトピーとよく似た症状のものに、「乳児湿疹」があります。赤ちゃんの肌は大変敏感なため、毎日肌を清潔に保湿していないと、すぐに湿疹が発生してしまいがちです。

そのため、アトピーと乳児湿疹を見分けるために、まずは毎日お肌を清潔に保ち、「ラフィス」のようなスキンケア対策を行ってみて、湿疹が改善した場合は乳児湿疹もしくは軽度のアトピー性皮膚炎の対策として効果が出ていると判断をしてもよいでしょう。

もし、それでも改善がみられない場合は、重度のアトピー性皮膚炎の可能性がありますので、病院で診察を受けてステロイド等のお薬の処方をもらうことをオススメいたします。

「ラフィス」アトピー予防専用の保湿クリーム公式サイト
 


食べ物とハウスダスト対策によるアトピー予防法

子供のアトピーが増えていて、早い子は生後2、3ヶ月で症状が出ます。

昔は乳児湿疹では悩まされることはありましたが、アトピーというのはほとんど聞かれませんでした。

乳児湿疹とアトピーとは見た目はほとんど同じで、肌が乾燥してカサカサになるとか、寝る前などにかゆみでぐずるとか、肌に赤い炎症ができたり、ぶつぶつしたできものができます。

湿疹と紛らわしいのですが、上記の初期段階にアトピーを発見して初期段階で適切なケアができると、アトピーが慢性化になることが防げます。

乳児の場合は2ヶ月、幼児の場合は半年以上この症状が続くとアトピーと診断されますが、アトピーか湿疹か見分けるためにも医師の診断を受けて、正しい対策を取ることをおススメします。

アトピーは体質もあるので、100%この対策で治るというものはないそうなので、アトピー対策は難しいものがあります。

人間の体は食べた物で作られると言いますが、今の子供たちにアトピーが増えているのも、現代の家庭の食生活が変化している事が大きな原因となっています。

従って、おススメのアトピー予防の対策としては、まずは症状を起こす食べ物を食べない事です。

そして、こまめな掃除と換気でハウスダストを取り除くことですが、ハウスダストを減らす掃除方法として大事なのは掃除をするタイミングで、起きてすぐかあるいは帰宅直後がおススメです。

その理由は、部屋にいない間にハウスダストが落ちて、掃除をして舞い上がったほこりを吸うことが避けられるからです。

また、掃除機をかける前に拭き掃除をすることも大事で、拭き掃除をしてハウスダストが湿っていると、掃除機をかけた時に舞い上がることが避けられます。
ハウスダストを避ける方法はまだまだたくさんありますが、まずは吸い込まない工夫をしてください。

プロのハウスクリーニングを利用すればわずか1~2時間でハウスダスト対策を行うこともできます!お見積もりは無料です♪
おススメのハウスクリーニングサービスはこちら>>>


アトピーとアレルギー反応の違い

よく勘違いされるのですが、アトピーとアレルギー反応の違いについてです。

 

医学的にいうとアトピーは皮膚疾患の病気であり特定物質に対する過敏な抗原抗体反応のことです。特定物質で椅子からすべての物質に過敏反応をするわけわけではありません。

あくまで特定の物質に対する過敏反応です。

 

ちょっと私自身の話しを例に挙げさせていただきます。

私の場合は通常の抗原抗体反応の一般的な数値が121から140くらいなのですが私の場合は2300といって通常の人の12倍から13倍もの数値がありました。

その原因は未だに皮膚科の医者でもなぞになんですけれどもおおよそすべての物質に対して異常に過敏反応を起こしていることがわかりました。

したがってアトピーの最大の原因は皮膚科のドクターいわくストレスしかないと言っておられました。

 

現代は、ストレス社会です。

ストレスの大きさによって自分の人生が変わってくるといっても過言ではありません。

最近、アトピー性皮膚炎の原因を心療内科にいって聞かれている患者さんが増えているとききます。

ストレスに耐えられないことはそれに立ち向かおうとすると自分で自分を苛めるいわゆる抗原抗体反応がおきることになりますからストレスの根本を治さない限りはアトピー性皮膚炎も治らないし他の病気も治らないというになります。

 

私はストレス耐性即ちストレスに耐えうる力がよわいので毎週20種類くらいの精神科のお薬を微調整してもらいながら生活をしています。

アトピーには周りの環境を整えることも重要であるということですね。

ストレス社会にお届けする!免疫のビタミンLPS

 


アトピーの特徴~現代病とも言われる理由

アトピーの特徴は 抗原抗体反応 です。
つまり今までは道路も整備されなく体内の抗体物質は花粉や埃などについて地面に落ちていました。

それが塗装もされ近代化路面になってくると花粉や埃などと体内のアレルギー抗体物質が融合するようになり花粉症やアレルギー症状が近年でてくるようになったのです。

そこでそのようなアレルギー症状を避けるためにもともとのアレルギー物質を体内に入れておき融和させるようにする方法が考えられるようになりました。これを減感作療法と呼びます。今日のところあらゆるアレルギー反応にはこの減感作療法がいちばん効果があるようです。

アレルギー物質を体内に入れて融和させる方法~アトケアプロ

では、本題のアトピーとはなぜかゆいのでしょうか…その理由は簡単です。

例えば花粉を例に取ると花粉と体内のマスト細胞というどれにでもだれにでもくっっく細胞がありそのマスト細胞に花粉がくっくとその刺激で増すと細胞からヒスタミンという物質を体外に放出します。

その後遺症として眠くなったり痒くなったりするわけです。

昔の体内物質は対応する物質が多すぎて花粉やアスハルトなどに適応している暇がありませんでした。しかし、近年道路環境の整備や生活環境の整備で抗体反応の数が大幅に減りアトピーやアレルギー花粉症などの症状がすすんできました。

その点からするとアトピー性疾患は現代病といえなくもないのです。


ハウスダスト対策にはプロの消毒業者に頼むのがおすすめ!

アトピー患者さんが増えているといいますが、小さな子までアトピーで苦しんでいるので本当にかわいそうです。

アトピーの原因として、生活環境があげられていますが、ダニやハウスダスト、花粉やカビ、そして動物の毛などのアレルゲンがアトピーの原因となっています。

対策としては、ダニが棲みつかないように清潔を心がけることですが、絨毯やカーペットなどは湿気がこもりやすいので避けてください。

そして、おススメはプロの消毒業者に依頼して家じゅうの消毒をしてダニを退治することです。

もう、2年近くも前の事なのでうっかりしていましたが、家にダニが住みついたことがあり、消毒業者に依頼して消毒をしてもらったことがりました。効果はてきめんで1回で退治することができました。

その後毎月消毒業者に来てもらっていましたが、当時で2,000円程度でした。

1回だけ依頼する場合はもっとかかるとは思いますが、食品業者などが消毒業者を使っていますから、きっと消毒業者もいくつもあるはずですし、賃貸業者なども引越しの時は消毒業者を使っていますから、個人のお宅でも消毒業者に依頼できますので、その道のプロに 家じゅうの消毒をしてもらうことをおススメします。まずは、ハウスクリーニング専門の「お掃除マスター」さんで、かんたん30秒で無料問い合わせが可能です。


ダニ退治をするにはやはりプロに任せるのが一番手っ取り早い方法ですのでおススメです。

また、バルサンという煙が出るのを使って家の消毒をしていたこともありますが、それも効果がありました。今でも販売されていますので試してみてください


アトピーに対する親の心得

息子が幼少期の頃にアトピーが出始めました。最初は乾燥肌による炎症だと思っていたのですが、ずっと搔き続けてどんどん悪化してしまったため、病院に連れて行ったところ、アトピーだと判明しました。

母親はどうしても我が子の健康状態に何か異常が起こると自分の食生活などを振り返って責めてしまいがちだと思います。しかし、アトピー症状は遺伝からくるものもあれば、周囲の環境などが関係しているものなどもあるのです。

以前ある記事を見てびっくりしたことがあります。

それは「アトピーは発展途上国ではみられない」という記事でした。動物性脂肪やタンパク源が豊富な食生活、環境汚染、ストレスなど、先進国特有の事情が何かしらアトピー悪化に絡んでいるのは確かでしょう。

とくに、先進国では豊富にある動物性脂肪やタンパク源はアトピー症状を悪化させる要因になり得るので、これはできるかぎり控えたほうがよさそうです。

我が子は軽症のアトピーでしたが、牛乳や卵などはまったく食べられませんでした。

しかし、いくら医師の指示通り、特定の食品を避けたり、保湿に力を入れたりしても、効果は一時的だと思うことが何度もありました。

そしてアトピー症状を目にする親は、子供の痒がる姿を見るのが辛く、本来は一番苦しんでいるのは子供自身だと頭では理解しているにもかかわらず、冷たく当たってしまうことがあるんですよね。

ある意味、親も完璧でないわけですから仕方ないかもしれません。

そんなアトピー生活で苦しんでいた最中、私は突如なぜか開き直り、自責の念とともに子供に対して苛立ちを覚えたり、ため息をつくことをやめたのです。

すると、我が子の精神状態にもよい影響を与え始めたためなのか、アトピー症状が次第に悪化することがなくなってきたのです。

アトピーとの付き合いは長い目で見ないといけないと思います。

でも、その過程で何よりも大切なのは、じつは親の精神的ゆとりなのかもしれません。


アトピーとずっと一緒

わたしがアトピーを発症したのは3歳の頃。現在31歳、今までずっと一緒。
小さい頃は手足の関節や首にできていた。治療法として、母にどくだみ茶を塗られていたのを鮮明に覚えている。直接患部に塗るため、滲みる滲みる。

 

ヒーヒー言いながら悶え苦しんでいた。たぶん効果なしだった。

幸い顔にはできていないため、人には気付かれにくかった。だから、成長するにつれて、バレたくないという恥ずかしさから、患部を隠そうと必死で、夏場も長袖を着ていた。

長袖を着るため、蒸れる蒸れる。どんどんアトピーは悪化していく。大人になると治るなんて嘘だって思っていた。

保育士になったわたしは、保護者に悪い印象を与えないようにと、引き続き隠そうと必死だった。園庭で遊ぶ時も運動会も長袖。プールは他の先生に代わってもらっていた。

それに加え、毎日持ち帰りの仕事や残業で生活が崩れ、薬を塗るのも面倒になり、肌のケアなんて全くしなくなった。

 

案の定、どんどん悪化。
背中全体にまでアトピーは広がり、背中や腕から汁や血が出て、服に滲む。汁のせいで、服と背中が引っ付き固まってしまう事も。

仕事中は痒さなんて忘れる。でも家に帰ったら、嵐のように痒さがやって来る。
母が「嫁入り前なのに」と悲しみ、病院に行くようにした。医師から「ストレスも関係している、仕事を休職するか退職して治療に専念するほうがいい」と言われる。

休職制度はないため、退職しか道はなかった。好きな仕事だったが、退職。

その後は、家でただゆっくり過ごす毎日。もちろん病院に行き、薬も塗って、治療に励んだ。特別な事はしなかった。でも退職して3ヶ月後には背中が綺麗になっていた。黒ずんではいるが。

こうも治るものかと驚いた。好きな仕事、、ストレス感じていたのか、気付かなかった。
自分の現状をよく知る事は大切。

それから8年近く経つ。

実は今まだアトピーに悩まされている。妊娠、出産でどんどん悪化。忙しさから治そうともしていない。また繰り返し。

今日から改めて治療頑張ろう!

 


子供のボリボリが始まると心配になる

うちの息子は、赤ちゃんの頃からアトピーです。

月齢が低い赤ちゃんは、乳児湿疹とアトピーの区別が専門家でもつけにくいと言われますが、うちの子も初めはそうでした。

「どうして、特別なお手入れをしなくても肌が綺麗な赤ちゃんは沢山いるのに、うちの子はこんなに肌がボロボロなんだろう?」と、掻きむしって赤い肌をしたわが子を見る度に思っていました。

アレルギー科を初めて受診したのは、生後7ヶ月頃でした。

その頃、離乳食で与えた卵プリンでアレルギー反応が出てしまった事もあって、ちゃんと診てもらおうと連れて行きました。

血液検査をしてもらい分かった事は、卵アレルギーとハウスダストアレルギーを持っていた事でした。

それから私がした事は、卵は、1歳まで除去をして様子を見るようにして、ハウスダストに関しては、ダニが集まりやすい家中のカーペットを撤去して、今まで以上に掃除をこまめにするようにしました。

掃除機の排気が子どもにかかるのも気になったので、掃除機をかける時は、子供を別室に移動させてからかけるようにしました。

子供の肌のお手入れに関しては、今までお風呂上りに市販のベビーローションを1度塗っていただけだったのですが、それでは足らないと医師から言われたので、最低でも1日2回は処方された「ヒルドイドクリーム」を塗るようにしました。

アトピーの子供は、とにかく肌を清潔にして保湿をしてあげる事が重要だと言われたので、夜お風呂に入って体を洗うのは勿論、朝も暑い時期はシャワー、寒い時期は濡れタオルでやさしく体を拭いてから保湿剤を塗っていました。

子供のアトピーが酷い頃、ちょうど夏の暑い時期だったので、汗をかく度にシャワーを浴びさせて保湿していました。

根気よく続けた結果、2週間ほどで改善の兆しが出てきて、1ヶ月ほどで驚くくらい綺麗な肌になりました。

小学生になった今でも保湿は続けていますが、お手入れをサボると痒くなるようです。

幼稚園や小学校に入る前の月齢が低い子供の方が管理しやすいので、早く効果が見えるかもしれません。

見た目良くなっても保湿は続けていた方がいいです。


アトピー予防専用の保湿クリーム

 


スポンサーリンク