「 お薬 」一覧

アトピーかな?と思ったら〜アトピーの診断方法

もしも、子供の寝起きなどに、首や耳の付け根あたりに赤い湿疹がみられたら、アトピー性皮膚炎の可能性があります。

以下の方法で、自宅でもアトピーの可能性を診断することができますので、参考にしてみてください。

子供のアトピーの診断方法

子供のアトピーを診断する方法として、以下の3 STEPがあります(日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診察ガイドライン」参照)

STEP 1: かゆみがあるか?

STEP 2: 左右両方に湿疹がでているか?

STEP 3: 乳児期において2ヶ月以上、それ以外の期間では6ヶ月以上湿疹が続いている

しかし、特に乳児期において、アトピーとよく似た症状のものに、「乳児湿疹」があります。赤ちゃんの肌は大変敏感なため、毎日肌を清潔に保湿していないと、すぐに湿疹が発生してしまいがちです。

そのため、アトピーと乳児湿疹を見分けるために、まずは毎日お肌を清潔に保ち、「ラフィス」のようなスキンケア対策を行ってみて、湿疹が改善した場合は乳児湿疹もしくは軽度のアトピー性皮膚炎の対策として効果が出ていると判断をしてもよいでしょう。

もし、それでも改善がみられない場合は、重度のアトピー性皮膚炎の可能性がありますので、病院で診察を受けてステロイド等のお薬の処方をもらうことをオススメいたします。

「ラフィス」アトピー予防専用の保湿クリーム公式サイト
 


アトピーを治す方法

子供のアトピーの症状は年齢によってそれぞれ症状が異なります。

0歳〜1歳頃までには、おもに首回りや顔などに赤い湿疹が現れるます。そのほか、背中、ひじの裏側やわきのしたなど、皮膚の薄い箇所に集中してアトピー性皮膚炎が発生しやすいです。

2歳〜10歳までのアトピーは、主に手や足の関節の内側や、首、耳たぶなど、肌が乾燥した際にかいてしますことによって湿疹がひどくなる傾向がみられます。

そんな子供のアトピーを治す3つの方法についてご紹介いたします。

薬で治す

まずは、薬を直接皮膚炎が起きている箇所に皮膚炎を抑える薬を塗って、治す方法をご紹介いたします。

秋から冬にかけて乾燥の季節になります。この季節は紅葉や雪景色がきれいですが、アトピー性皮膚炎の人にとっては大敵の季節です。

 

それは、乾燥です。

乾燥してくると肌が荒れるので、またこの季節がやってきたのか・・・と気分が落ち込むこともあります。肌が乾燥したら、保湿クリームを塗ります。これが、毎年繰り替えされます。保湿クリームは1年中使いますが、その頻度は確実に秋から冬にかけてが多いです。

 

対策としては、夜にステロイド配合の塗り薬を毎日塗ることです。ステロイドは批判的な意見もありますが、皮膚科のお医者さんに適切に処方していただいたものを、正しく使えば回復が見込めます。ここでの注意点は正しい量を塗ることです。

 

ステロイドに抵抗があると、どうしても使う量を少しにしてしまいますが、適量は薬を塗った後にティッシュを当てると剥がれ落ちない程度です。初めて使うと最初は抵抗があるかもしれませんが、使ううちになれます。

 

ただし、赤ちゃんや子どもによっても変わってくると思うので、詳しくは皮膚科のお医者さんに聞いていただいた方がよいと思います。

 

アトピーは長い目で見て徐々に回復するように考えたほうが良いと思います。

薬で一時的に回復が見えても、それは文字通り一時的なので、薬の継続使用が必須になります。

 

ただし、回復がわかると、ステロイドの配合量も少なく調整してくれるので安心できます。回復が見てとれた時もかかっているお医者さんに薬の配合についても相談してみると良いと思います。

乾燥は最大の敵ですが、秋から冬にかけては乾燥は避けられないので、最大の敵:乾燥時は保湿クリームを常備したほうが良いと思います。

 

これは、ステロイド配合でなくてもよいので、処方していただくと良いと思います。また、春、夏でも乾燥したら保湿クリームをすぐに使うようにした方が良いと思います。


アトピーや敏感肌でお悩みの方専用保湿クリーム

 

体質改善で治す

アトピーを体質改善で治すためには、やはり日々の食生活から見直す必要があります。

 

アトピーの原因となる「慢性化原因タンパク質A」やお肌を刺激する「過酸化脂質」はできるかぎり摂取しないようにする必要があります。

 

それでは、慢性化原因タンパク質Aとは?

過酸化脂質とは?いったいなんなのでしょうか・・??

 

まずは過酸化脂質の代表例とも言われるのが、、

「スナック菓子」!!

てんぷら油などを使用しているスナック菓子は、長期間放置すると、空気によって酸化され、過酸化脂質になってしまいます。

 

この過酸化脂質を摂取することにより、体の老朽化を進めることになってしまい、細胞自体の代謝も悪化してしまう大変悪い物質なのです。

 

また、アトピーのかゆみの原因ともいわれているのが、現代の食事の傾向で増えてきている「植物油」が主な原因と言えるでしょう。

毎日お昼のランチで油っこいおかず、唐揚げ、コロッケ、トンカツ、天ぷらなどを、頻繁に食べていませんか?

アトピーのかゆみの元でもある植物油脂を消化しきれないほど摂取しすぎると、それが皮膚表面に噴き出はじめ、炎症を起こしてかゆみを発生させます。

つまりはその元を断つことで、かゆみは劇的に改善していきます。何よりまず、アトピーの燃料とも言われる植物油をできるだけとらない食事に生活習慣を変えていくことが重要なのです。

まずはアトピーと思われる症状がでたときには、食生活をみなおし、お菓子やあぶらっこいものをとらないように気をつけて、改善を待ってみましょう〜^^

 

そして次にご紹介するのが、その食生活改善に貢献し、実際に体質から変えて行くための「アトケアプロ」というサプリメントになります。

先程説明した過酸化脂質による体の老朽化。やはりアトピーの改善にはこういった体質的な部分や新陳代謝の改善が必須となっています。

健康増進を目的としたアトケアプロは、100%純度のプロポリス配合で、体内から新陳代謝の改善を行いアトピーが発生しにくい体質に変えていってくれます。

オーガニック認証を取得しているので、1歳の子供から飲むことができます。

一日2粒を目安とし、お水またはお湯で飲むことをおすすめします。

いまなら期間限定カンペキケアコースが初回500円でご利用できます!

 

体質からアトピーを治す「アトケアプロ」をぜひお試しください。

>>>アトケアプロ公式サイト

 

 

専門病院に通って治す

私は現在、背中のアトピーの治療のために月に2回ほど皮膚科に通っています。その他にもときどきまぶたのうらにもアトピーが発症することがあり、眼科にもお世話になることが度々あります。

そんなこんなで月に3~4回は病院に通っている計算になります。。

世の中にはアトピー専門の病院というのも存在しており、診察時には、お医者さんは炎症の起きている度合いを細かくチェックし、同じステロイドのお薬であっても、様々な分量・種類の中から最適なものを選んで処方してもらえます。

なので、やはり専門の病院に通って、お医者さんの意見をしっかりと聞くこと、効果がなければセカンドオピニオン(別の病院にいってみること)を試してみて、それぞれ自分に合った処方を見つけ出すことが大切です。

もっともやってはいけないことは、お医者さんが処方してくれたお薬自体を使わなかったり、時々塗り忘れたり、自分で治ったと思いこんで通院しなくなったりと、個人で判断してしまうことです。

より早く症状を改善させたり、処方されたステロイドの副作用のリスクを抑えるためにも、定期的にお医者さんに診せることが大切です。

 

こちらに、全国主要都市(東京都、大阪、名古屋、福岡、札幌)のアトピー専門クリニック一覧を用意しましたので、ぜひご利用ください。


アトケアプロに関する口コミ


アトケアプロを実際に使用した人たちの口コミを集めました。

これまで何をしてもアトピーが改善しなかった人のために登場した「アトケアプロ」。

ネットやブログの口コミでも多くの喜びの声があがっています。

無料期間の30日ですでに効果が表れたというコメントもあり、最近とても注目を集めています。

Aさん

利用して1カ月で、効果が現れました!その後継続して3カ月使用すると、ほとんどアトピーが消えていて、子供も大喜び!!アトケアプロを使用してほんとうによかったです!
Bさん

子供が毎晩寝ている間に体をかきむしり、皮膚が腫れてしまい、とてもかわいそうでした。。
アトケアプロを使用してからすぐに、かゆみが減り、夜もぐっすりと眠れている子供の様子を見て、とても安心いたしました。
Cさん

初回の30日間無料体験で使い始めました。

やはり最初の30日だけではあまり効果を感じることができなかったのですが、

その後+2ヶ月間使用することでようやく皮膚炎の炎症が治まり始め、いまではかゆみも収まり、毎日快適に生活できています!きっと体質にもよるかとおもいますが、アトピーにお悩みの方はぜひ一度試してみられることをおすすめします!

Dさん

最初はお医者さんに処方されたステロイドを使用していたのですが、やはり副作用がつらいのと、ずっと使い続けたとしても治ることはない。ということに気付いたので、インターネットで対策方法を探している中、「アトケアプロ」に出会いました!

こちらは体質改善を目的としているので、アトピーそのものを体質から治していく方法なので、とても合理的で、長期的にも信頼できる対処法だとおもっています。

これからもアトケアプロにお世話になりたいとおもっています!


>>>アトケアプロ公式サイト





女優:松井一代さんのアトピー体験談

テレビでも有名な松井一代さんはお子さんのアトピーで実はたいへんな苦労をされていました。

松井一代さんは、ありとあらゆる病院を受診して、必死でお子さんのアトピーを治そうとしましたが苦労のかいもなく、お子さんのアトピーは一向に治りませんでした。

当時まだ赤ちゃんだったお子さんは、かゆみが酷いので常に泣いていて、常に抱っこをしなければならない状態でした。

そして、やっと寝たと思って布団に寝かせるとまた泣き出すので、その女優さんは布団で寝られない状態で、ソファで赤ちゃんを抱いた状態でしか寝ることができませんでした。

悩みながら大変な思いをしていた時に、中国の漢方医という人の話を聞き早速その治療院に行って診察を受けたところめきめきと改善し喜んでいましたが、ところがその治療院が突然閉まってしまいました。

つてを頼って必死で探したところ、運よくわかったのですが、その漢方医は不法な営業という事で取り調べを受けて中国に返された後でした。

しかし、松井一代さんは中国まで追いかけて治療を受けたお子さんのアトピーを完治させています。
経済力も行動力もある松井一代さんだからこそできたことであり、普通はなかなか真似のできることではありません。

幸い、中国で漢方を学んできたという漢方医も増えているそうですから、探して受診してみることをおススメします。

多くのアトピーが原因不明の事が多く、はたしてどんな治療が良いのか手さぐりという面があるのがアトピーの治療です。

そのため、漢方医の治療は受けてみる価値があると思います。

 


子供のボリボリが始まると心配になる

うちの息子は、赤ちゃんの頃からアトピーです。

月齢が低い赤ちゃんは、乳児湿疹とアトピーの区別が専門家でもつけにくいと言われますが、うちの子も初めはそうでした。

「どうして、特別なお手入れをしなくても肌が綺麗な赤ちゃんは沢山いるのに、うちの子はこんなに肌がボロボロなんだろう?」と、掻きむしって赤い肌をしたわが子を見る度に思っていました。

アレルギー科を初めて受診したのは、生後7ヶ月頃でした。

その頃、離乳食で与えた卵プリンでアレルギー反応が出てしまった事もあって、ちゃんと診てもらおうと連れて行きました。

血液検査をしてもらい分かった事は、卵アレルギーとハウスダストアレルギーを持っていた事でした。

それから私がした事は、卵は、1歳まで除去をして様子を見るようにして、ハウスダストに関しては、ダニが集まりやすい家中のカーペットを撤去して、今まで以上に掃除をこまめにするようにしました。

掃除機の排気が子どもにかかるのも気になったので、掃除機をかける時は、子供を別室に移動させてからかけるようにしました。

子供の肌のお手入れに関しては、今までお風呂上りに市販のベビーローションを1度塗っていただけだったのですが、それでは足らないと医師から言われたので、最低でも1日2回は処方された「ヒルドイドクリーム」を塗るようにしました。

アトピーの子供は、とにかく肌を清潔にして保湿をしてあげる事が重要だと言われたので、夜お風呂に入って体を洗うのは勿論、朝も暑い時期はシャワー、寒い時期は濡れタオルでやさしく体を拭いてから保湿剤を塗っていました。

子供のアトピーが酷い頃、ちょうど夏の暑い時期だったので、汗をかく度にシャワーを浴びさせて保湿していました。

根気よく続けた結果、2週間ほどで改善の兆しが出てきて、1ヶ月ほどで驚くくらい綺麗な肌になりました。

小学生になった今でも保湿は続けていますが、お手入れをサボると痒くなるようです。

幼稚園や小学校に入る前の月齢が低い子供の方が管理しやすいので、早く効果が見えるかもしれません。

見た目良くなっても保湿は続けていた方がいいです。


アトピー予防専用の保湿クリーム

 


生後4ヶ月の赤ちゃんに使う?使わない?ステロイド!

2月に早産で小さく生まれた息子も、生後3ヶ月にもなると他の子と変わらない様子で元気にすくすくと育っていました。

しかし7月頃からあせもが目立つようになり、1日3回の沐浴を実施しても、治まるどころか
顔、胸、お腹、背中…と、どんどん酷くなっていきました。

ちょうど市の4ヶ月健診があったのでそこで診てもらうと、早く皮膚科に行ってステロイドを処方してもらった方がいいと言われました。
早くしないと手遅れになり、アトピーに移行してしまいますよ、と…。

えっ、ステロイド!?こんな小さな赤ちゃんに!?

ステロイドに関するきちんとした知識はこの時ありませんでしたが、あまり体に良くないものというイメージがありました。
まだ皮膚の弱い、薄い赤ちゃんに、そんな薬を塗布して大丈夫なの…?

夫にも相談しましたが、夫も同様にステロイドの塗布には反対でした。

近所の病院を片っ端から検索し、ステロイドに関しても色々調べました。
ステロイドを処方しない方針のクリニックも見つけました。

でも気になったのは、先生の「早くしないと手遅れに…」という言葉です。

ステロイドを使わずに漢方などで治そうと試みて、中々治らなかったら?
その間にもどんどん悪化し、本当にアトピーに移行してしまったら?

ステロイドに関しても、影響があるのは長期使用の場合で2週間以内に使用をやめれば、体に影響は残らないと知りました。
初めての子育て、初めての皮膚トラブル、私は一体どうするべきか…。

結果、私はステロイドを使用する方針のクリニックを選択しました。
薬局で薬を受け取る際にも、「この薬、大丈夫ですか?」と確認しました。
薬剤師さんには、この薬はステロイドの中でもかなり弱いものなので心配ありませんよと言われました。

タイムリミットは2週間、それまでに治らない場合は他の方法を考えなければ…
そう思いながらステロイドの塗布を始めて3日ほど経つと、赤みがひいてきました。

良かった!!

でもステロイドは、中途半端に使用を中止するとリバウンドする可能性があるので
完全に治るまで塗布を続けなければと思い、カレンダーを見ながら緊張した日々を送りました。

幸いにも息子のあせもは1週間ほどで良くなり、その後も念のために2日間ほど塗布して、ステロイドの使用は終わりました。
あせもも、その後は出ませんでした。

あせもがアトピーに移行する事やステロイドの使用方法など、色々と勉強になった出来事でした。


治療が難しいアトピー

今はもう成人した息子ですが、幼稚園の頃はアトピーが酷く、親子して泣きました。

何とか早く治したいと病院で処方されたステロイドを塗っていたのですが、ステロイドは癖になってステロイドを塗っている限りアトピーは治らないと言われて怖くなり塗るのを止めてしまいました。
さんざん苦しんだのですが、小学校に上がってからだんだんよくはなりましたが、中学に上がるころまで悩まされ続けました。

今はステロイドに対する考え方がだいぶ違って、適正に使えばリバウンドが起こらないことや、怖がって弱い外用薬を使っているとなかなか治らないと言われるようになっていますから、医師の指示に従って賢く使うことをおススメします。

そして、アトピーは何かが不足して起こることもありますから、安心できるサプリメントの利用がおススメです。サプリメントは体に効率よく吸収するように作られていますから、食べ物から摂っているより効果が早く表れます。

しかし、そのサプリメントも、子供が小学校のころは私自身がサプリメントが嫌いなので飲ませることはせず、せっせと野菜中心の食事を食べさせていましたが、それも今になって2重の後悔になっています。

そのような事情で我が子のアトピーを長引かせたと後悔しているのですが、医師からステロイドを処方されたら医師の指示を守って賢くステロイドを利用することをおススメします。

また、子供のアトピーは和食中心の食事療法と生活習慣の見直しがおススメです。

アトピーは生活習慣病と言い切っている健康・料理評論家の方もいて本も出されています。
治るのに時間がかかるアトピーですが、生活習慣、特に食生活が大事なので賢くサプリメントを利用するのもおススメです。

口コミを見ても、サプリメント利用して治したという若いママの口コミも多く、体の内側から治す必要性を感じます。

>>>アトケアプロでアトピー体質を改善


スポンサーリンク