食べ物とハウスダスト対策によるアトピー予防法

子供のアトピーが増えていて、早い子は生後2、3ヶ月で症状が出ます。

昔は乳児湿疹では悩まされることはありましたが、アトピーというのはほとんど聞かれませんでした。

乳児湿疹とアトピーとは見た目はほとんど同じで、肌が乾燥してカサカサになるとか、寝る前などにかゆみでぐずるとか、肌に赤い炎症ができたり、ぶつぶつしたできものができます。

湿疹と紛らわしいのですが、上記の初期段階にアトピーを発見して初期段階で適切なケアができると、アトピーが慢性化になることが防げます。

乳児の場合は2ヶ月、幼児の場合は半年以上この症状が続くとアトピーと診断されますが、アトピーか湿疹か見分けるためにも医師の診断を受けて、正しい対策を取ることをおススメします。

アトピーは体質もあるので、100%この対策で治るというものはないそうなので、アトピー対策は難しいものがあります。

人間の体は食べた物で作られると言いますが、今の子供たちにアトピーが増えているのも、現代の家庭の食生活が変化している事が大きな原因となっています。

従って、おススメのアトピー予防の対策としては、まずは症状を起こす食べ物を食べない事です。

そして、こまめな掃除と換気でハウスダストを取り除くことですが、ハウスダストを減らす掃除方法として大事なのは掃除をするタイミングで、起きてすぐかあるいは帰宅直後がおススメです。

その理由は、部屋にいない間にハウスダストが落ちて、掃除をして舞い上がったほこりを吸うことが避けられるからです。

また、掃除機をかける前に拭き掃除をすることも大事で、拭き掃除をしてハウスダストが湿っていると、掃除機をかけた時に舞い上がることが避けられます。
ハウスダストを避ける方法はまだまだたくさんありますが、まずは吸い込まない工夫をしてください。

プロのハウスクリーニングを利用すればわずか1~2時間でハウスダスト対策を行うこともできます!お見積もりは無料です♪
おススメのハウスクリーニングサービスはこちら>>>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする