腸の状態とアトピーの関係

私の娘は生後からぽつぽつと乳児湿疹が出始めていて、湿疹が出てはなくなりを繰り返していました。

生後8か月頃からそれがひどくなり始めて、背中にまで湿疹が出始めました。

瞬く間に顔はもちろん腕や足、お腹、頭皮にまで全身湿疹だらけになりました。

小児科で見てもらった所、これはアトピーだねと言われステロイドを勧められました。

しかし私たち夫婦は自然派な生活をしているため、一切薬は使いたくなかったので様子を見てみますと先生に告げ、二人で娘の様子を見ながら自然治癒を促せるように治療していこうということになりました。

生後5か月ごろから離乳食を食べ始め、うちは娘にも大人と同じように玄米をあげていました。最初はおもゆから始め、粒が食べられるようになればそのまま玄米を粒のまま手づかみで食べさせていました。

それを始めたころから下痢が1週間ほど続くようになり湿疹もさらにひどい状態になりました。

娘はかゆさのイライラで睡眠も浅く、私は夜中何度も起きて授乳をし辛い日々を送っていました。私はネットでアトピーについて調べ、玄米はアトピーによくない・痒さを引き起こしてしまうという記事を見つけ、主人に相談し、玄米を一切やめるようにしました。

するといっきに湿疹の状態が変わり回復してきました。

湿疹がでていたとき、なにを塗ってもよくならなかったのに食べ物でいっきによくなったので驚きでした。

玄米で娘の消化に負担をかけてしまっていたんだと私たち夫婦は反省しました。

腸がよくなると湿疹もよくなる傾向がみられたので、もしアトピーで悩んでいる方がいたら食生活の改善をまず考えることをオススメしたいと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする