生後4ヶ月の赤ちゃんに使う?使わない?ステロイド!

2月に早産で小さく生まれた息子も、生後3ヶ月にもなると他の子と変わらない様子で元気にすくすくと育っていました。

しかし7月頃からあせもが目立つようになり、1日3回の沐浴を実施しても、治まるどころか
顔、胸、お腹、背中…と、どんどん酷くなっていきました。

ちょうど市の4ヶ月健診があったのでそこで診てもらうと、早く皮膚科に行ってステロイドを処方してもらった方がいいと言われました。
早くしないと手遅れになり、アトピーに移行してしまいますよ、と…。

えっ、ステロイド!?こんな小さな赤ちゃんに!?

ステロイドに関するきちんとした知識はこの時ありませんでしたが、あまり体に良くないものというイメージがありました。
まだ皮膚の弱い、薄い赤ちゃんに、そんな薬を塗布して大丈夫なの…?

夫にも相談しましたが、夫も同様にステロイドの塗布には反対でした。

近所の病院を片っ端から検索し、ステロイドに関しても色々調べました。
ステロイドを処方しない方針のクリニックも見つけました。

でも気になったのは、先生の「早くしないと手遅れに…」という言葉です。

ステロイドを使わずに漢方などで治そうと試みて、中々治らなかったら?
その間にもどんどん悪化し、本当にアトピーに移行してしまったら?

ステロイドに関しても、影響があるのは長期使用の場合で2週間以内に使用をやめれば、体に影響は残らないと知りました。
初めての子育て、初めての皮膚トラブル、私は一体どうするべきか…。

結果、私はステロイドを使用する方針のクリニックを選択しました。
薬局で薬を受け取る際にも、「この薬、大丈夫ですか?」と確認しました。
薬剤師さんには、この薬はステロイドの中でもかなり弱いものなので心配ありませんよと言われました。

タイムリミットは2週間、それまでに治らない場合は他の方法を考えなければ…
そう思いながらステロイドの塗布を始めて3日ほど経つと、赤みがひいてきました。

良かった!!

でもステロイドは、中途半端に使用を中止するとリバウンドする可能性があるので
完全に治るまで塗布を続けなければと思い、カレンダーを見ながら緊張した日々を送りました。

幸いにも息子のあせもは1週間ほどで良くなり、その後も念のために2日間ほど塗布して、ステロイドの使用は終わりました。
あせもも、その後は出ませんでした。

あせもがアトピーに移行する事やステロイドの使用方法など、色々と勉強になった出来事でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする