子供のボリボリが始まると心配になる

うちの息子は、赤ちゃんの頃からアトピーです。

月齢が低い赤ちゃんは、乳児湿疹とアトピーの区別が専門家でもつけにくいと言われますが、うちの子も初めはそうでした。

「どうして、特別なお手入れをしなくても肌が綺麗な赤ちゃんは沢山いるのに、うちの子はこんなに肌がボロボロなんだろう?」と、掻きむしって赤い肌をしたわが子を見る度に思っていました。

アレルギー科を初めて受診したのは、生後7ヶ月頃でした。

その頃、離乳食で与えた卵プリンでアレルギー反応が出てしまった事もあって、ちゃんと診てもらおうと連れて行きました。

血液検査をしてもらい分かった事は、卵アレルギーとハウスダストアレルギーを持っていた事でした。

それから私がした事は、卵は、1歳まで除去をして様子を見るようにして、ハウスダストに関しては、ダニが集まりやすい家中のカーペットを撤去して、今まで以上に掃除をこまめにするようにしました。

掃除機の排気が子どもにかかるのも気になったので、掃除機をかける時は、子供を別室に移動させてからかけるようにしました。

子供の肌のお手入れに関しては、今までお風呂上りに市販のベビーローションを1度塗っていただけだったのですが、それでは足らないと医師から言われたので、最低でも1日2回は処方された「ヒルドイドクリーム」を塗るようにしました。

アトピーの子供は、とにかく肌を清潔にして保湿をしてあげる事が重要だと言われたので、夜お風呂に入って体を洗うのは勿論、朝も暑い時期はシャワー、寒い時期は濡れタオルでやさしく体を拭いてから保湿剤を塗っていました。

子供のアトピーが酷い頃、ちょうど夏の暑い時期だったので、汗をかく度にシャワーを浴びさせて保湿していました。

根気よく続けた結果、2週間ほどで改善の兆しが出てきて、1ヶ月ほどで驚くくらい綺麗な肌になりました。

小学生になった今でも保湿は続けていますが、お手入れをサボると痒くなるようです。

幼稚園や小学校に入る前の月齢が低い子供の方が管理しやすいので、早く効果が見えるかもしれません。

見た目良くなっても保湿は続けていた方がいいです。


アトピー予防専用の保湿クリーム

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする