アトピーの特徴~現代病とも言われる理由

アトピーの特徴は 抗原抗体反応 です。
つまり今までは道路も整備されなく体内の抗体物質は花粉や埃などについて地面に落ちていました。

それが塗装もされ近代化路面になってくると花粉や埃などと体内のアレルギー抗体物質が融合するようになり花粉症やアレルギー症状が近年でてくるようになったのです。

そこでそのようなアレルギー症状を避けるためにもともとのアレルギー物質を体内に入れておき融和させるようにする方法が考えられるようになりました。これを減感作療法と呼びます。今日のところあらゆるアレルギー反応にはこの減感作療法がいちばん効果があるようです。

アレルギー物質を体内に入れて融和させる方法~アトケアプロ

では、本題のアトピーとはなぜかゆいのでしょうか…その理由は簡単です。

例えば花粉を例に取ると花粉と体内のマスト細胞というどれにでもだれにでもくっっく細胞がありそのマスト細胞に花粉がくっくとその刺激で増すと細胞からヒスタミンという物質を体外に放出します。

その後遺症として眠くなったり痒くなったりするわけです。

昔の体内物質は対応する物質が多すぎて花粉やアスハルトなどに適応している暇がありませんでした。しかし、近年道路環境の整備や生活環境の整備で抗体反応の数が大幅に減りアトピーやアレルギー花粉症などの症状がすすんできました。

その点からするとアトピー性疾患は現代病といえなくもないのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする