アトピーが治らない!その原因とは、、?

アトピーがなかなか治らない

アトピーを治すために色々な薬を試してみてもまったく効果が感じられない!

食事制限をしてみたけれど、なかなか効果が出ずに、結局元の生活に戻ってしまった。。

そんな悩みをお持ちの方、たくさんいらっしゃるかと思います。

そもそも、アトピーが出てしまう原因はなににあるのでしょうか・・?

その原因を突きつめない限り、アトピーは改善することはないのです。

そんな方々のために、このサイトでは子供のアトピーを治すためのおすすめな方法を紹介していきます!

子供のアトピー性皮膚炎の原因とは

まずはアトピーが発生してしまう原因について説明いたします。

単刀直入にいいますと、アトピーは「個人の体質」によって起こっている症状になります。

子供のアトピー性皮膚炎とは、皮膚のかゆみと乾燥がともなう湿疹があらわれる皮膚の病気で、特に子供の頃は症状がよくなったりわるくなったりを繰り返し、なかなか改善するのに時間がかかる傾向があります。

早い時期だと生後2〜3ヶ月ころには症状があらわれることがあります。とくに乳幼児のアトピー性皮膚炎は、乳児湿疹とたいへんよく似ており、見分けがつきにくいことがあります。

「アトピー体質」という言葉を聞かれたことがあるかもしれませんが、アトピー体質は、ハウスダストや、食べ物など、アレルギー物質に体が反応し、アレルギーを起こしやすい体質の人のことを指します。

主なアトピーの原因は以下、

  1. アトピーはみなさん個人の肌自体が弱く、炎症を起こしてしまっている
  2. アトピーの原因は、個人の遺伝によって発生している。
  3. アトピーは原因不明の難病であり、原因は1つに特定できない。
  4. アトピーは一生治すことはできない。

上記を読んでみて、みなさん少し驚かれたかとおもいます。

アトピーは非常に治すことの難しい難病のひとつとして挙げられているのです。

症状としては、かゆみや皮膚の腫れを伴うことはよく知られているかとおもいますが、それが生涯にわたって付き合っていかなければいけない病気であるということを、まずはご理解ください。

子供のアトピーの症状

子供がアトピーにかかると、ひどくなる前は少し赤みがかっているだけでいつまでもその赤みがひかないことがアトピー症状の前触れとして起こります。

アトピーの初期症状としては、

  1. 肌が乾燥してカサカサになる
  2. 寝る前などぐずってかゆがる
  3. 肌に赤い炎症が起き始める
  4. 皮膚にぶつぶつしたできものがでる

まず、はじめに上記の症状を見つけた段階で、すぐにアトピーだと判断できる人はなかなかいないかと思います。

また、こどもはかゆいところをとにかくかき続けてしまうため、それによって肌のバリア機能が破壊されてしまい、悪循環を招いてしまいがちです。

アトピーの慢性化を防ぐためにも、この最初の症状がで始める段階でしっかりと対処をしていくことが重要となります。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする