アトピーかな?と思ったら〜アトピーの診断方法

もしも、子供の寝起きなどに、首や耳の付け根あたりに赤い湿疹がみられたら、アトピー性皮膚炎の可能性があります。

以下の方法で、自宅でもアトピーの可能性を診断することができますので、参考にしてみてください。

子供のアトピーの診断方法

子供のアトピーを診断する方法として、以下の3 STEPがあります(日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎診察ガイドライン」参照)

STEP 1: かゆみがあるか?

STEP 2: 左右両方に湿疹がでているか?

STEP 3: 乳児期において2ヶ月以上、それ以外の期間では6ヶ月以上湿疹が続いている

しかし、特に乳児期において、アトピーとよく似た症状のものに、「乳児湿疹」があります。赤ちゃんの肌は大変敏感なため、毎日肌を清潔に保湿していないと、すぐに湿疹が発生してしまいがちです。

そのため、アトピーと乳児湿疹を見分けるために、まずは毎日お肌を清潔に保ち、「ラフィス」のようなスキンケア対策を行ってみて、湿疹が改善した場合は乳児湿疹もしくは軽度のアトピー性皮膚炎の対策として効果が出ていると判断をしてもよいでしょう。

もし、それでも改善がみられない場合は、重度のアトピー性皮膚炎の可能性がありますので、病院で診察を受けてステロイド等のお薬の処方をもらうことをオススメいたします。

「ラフィス」アトピー予防専用の保湿クリーム公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする